095/100

An Extract Piece of the Story, "Period"

とりあえず床から立ち上がり、正面にある本棚にむかう。確か下の方に救急箱があったはずだ。
しゃがんで一番下の段を探す。

ピロピロと携帯が鳴った。

救急箱を見つけてゴソゴソと中を漁る。

携帯の音は続く。

つまり、これは着信だ。

くしゃっとなっている一枚の絆創膏を手にとって後ろのテーブルに置いてある携帯にむかう。
高校の同級生であり親友の名前が表示されていた。

「どした?」
「チンコから血が出てるんだけど」
「え?」

Your turn.

I gave you my pieces. Can  you give me  yours?

Send me a photo of yours by email. Send me your story or thoughts of the day by using this form.

私の一部をあげました。あなたの一部もくれませんか?

​写真をメールで送ってください。あなたのお話や今日考えたことをこのフォームで送ってください。

Thanks! Message sent.