077/100

An Extract Piece of the Story, "あんぱんまん"

住宅街を彼女が歩く。足取りは軽い。
彼女が歩いた後の1mは、重力が半分の空間になっているのかもしれない。

僕は、しっかりと地球の重力で歩く。
コンバースのキャンバス生地が茶色くなってきた。

彼女は道路の白線を、踏んだり踏まなかったり。

彼女はスキップでもしているみたいに前に進んでいく。


「あ、あ、あんぱんまーん やーさしい きぃみぃわぁー」

Your turn.

I gave you my pieces. Can  you give me  yours?

Send me a photo of yours by email. Send me your story or thoughts of the day by using this form.

私の一部をあげました。あなたの一部もくれませんか?

​写真をメールで送ってください。あなたのお話や今日考えたことをこのフォームで送ってください。

Thanks! Message sent.