044/100

An Extract Piece of the Story, ""

その肌は滑らかで、温かくて、懐かしくて、優しい。

自分の足と彼女の足をすり合わせるのが好きだ。
彼女のお腹の上に顔を置いて、深呼吸をしながら温かさを感じるのが好きだ。
彼女の首から鎖骨、胸から肋骨へと形を確かめるように撫でるのも好きだ。

こんなに生きている実感が湧く体には出会ったことがない。
それも、彼女が好きな理由の一つだ。

Your turn.

I gave you my pieces. Can  you give me  yours?

Send me a photo of yours by email. Send me your story or thoughts of the day by using this form.

私の一部をあげました。あなたの一部もくれませんか?

​写真をメールで送ってください。あなたのお話や今日考えたことをこのフォームで送ってください。

Thanks! Message sent.