017/100

An Extract Piece of the story, "Period"

ドタドタと足音が聞こえ、うっぷんが吹き出したかのようにドアが開いた。

 

そこには見たこともない親友の泣きはらした顔があった。

 

「え、泣いてるの?」

「おっ、おれぇ、うえ”っっ、おれっ、」

「…」

「生理なんだってぇぇー、、」

「…は?」

「ううぅ、」

「………」

Your turn.

I gave you my pieces. Can  you give me  yours?

Send me a photo of yours by email. Send me your story or thoughts of the day by using this form.

私の一部をあげました。あなたの一部もくれませんか?

​写真をメールで送ってください。あなたのお話や今日考えたことをこのフォームで送ってください。

Thanks! Message sent.