016/100

An Extract Piece of the story, "Re: 記憶のかけらについて"

ここは、自分の部屋?

今見ているのは、いつもの白い天井?

頬に当たるこの肌触りは確かに自分の毛布。

ここは自分の部屋で、私は自分のベッドの上で、自分は自分だ。

 

私は重たい上半身を起こし、左にある窓を見た。

曇っているのかな、それとも今は夜かな。

 

はっと気がついた。心臓が激しく動き始める。

一瞬なにも聞こえなくなった。

 

記憶がない。

 

そうだ、そういえば昨日の夜シーシャに行ってそこで、、

Your turn.

I gave you my pieces. Can  you give me  yours?

Send me a photo of yours by email. Send me your story or thoughts of the day by using this form.

私の一部をあげました。あなたの一部もくれませんか?

​写真をメールで送ってください。あなたのお話や今日考えたことをこのフォームで送ってください。

Thanks! Message sent.